FC2ブログ
20年ぶりに鉄道模型に復帰した筆者がNゲージレイアウト建設の状況を涙あり笑いありで綴る壮大な記録。
2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/112018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/112018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/112018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/112018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 当路線はループ線を配置します。しかし、スペースの成約の関係で
築堤のみでは勾配が取れず、築堤+切り下げを行います。
それでも焼く5%の勾配です。
まあ、余り長編成の列車は入線させないのでたぶん大丈夫でしょう。

まず、スタイロフォームをレイアウトボードと同じ大きさにカッターで切ります。

P1000006.jpg

大きな模型店で入手可能ですが、600×900で¥1500もするので、私は
近所のホームセンターで買って来ました。
1800×900で約700円。

1/6のお値段です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railwayhistory.blog49.fc2.com/tb.php/12-27a25224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
スタイロフォームのおすすめ通販サイトやスタイロフォームの関連情報のご案内
2006/11/23(木) 11:40:26 | 【スタイロフォーム】販売ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。